2011年06月29日

◉【竹鶴讃歌】〜水彩とガラスの旋律〜

「竹鶴21年」 WWA世界最高賞受賞記念イベント  
【竹鶴讃歌】〜水彩とガラスの旋律〜

ニッカ竹鶴21年が世界のウィスキーコンペティション(WWA)において3年連続4度目の世界最高賞(ブレンデッド・モルトウィスキー部門)を受賞したことを記念する企画展のご案内です。

会場/ニッカ宮城蒸溜所「ギャラリー宮城峡」
会期/7/2(土)〜7/30(土) 9:00〜16:30(最終日〜13:00)

私の会期中の在廊日は、◉初日7/2土曜11:00〜 ◉7/10日日曜午後13:00〜 
◉7/16土曜午後13:00〜 ◉最終日7/30土曜10:00〜の予定です。



以下、ニッカさんからの案内文を掲載いたします。

叶蜻艫jッカサービス(ニッカウヰスキー叶蜻芻H場内)では、竹鶴21年が世界のウィスキーコンペティション(WWA)において3年連続4度目の世界最高賞(ブレンデッド・モルトウィスキー部門)を受賞したことを記念する企画展 竹鶴讃歌〜水彩とガラスの旋律 を開催いたしますので、ご案内申し上げます。  

開催期間中は、弊社ホール内の無料試飲コーナーで、ご来場された方々に実際にこの「竹鶴21年」を試飲していただく お客様感謝無料試飲サービス を実施致します。
また、期間中は同時に、毎年『広瀬川美術蔵』で広瀬川をテーマにしたコラボレーションの展示会を繰り広げておられる、仙台在住の画家 古山拓氏 と ガラス工芸作家 村山耕二氏 の両氏に、友情出展の特別な計らいを頂き、特に今回はウィスキーにまつわる作品の展示会と即売会を開催いたします。

古山拓氏は、当ホール内のギャラリー宮城峡において、昨春ウィスキーの本場であるスコットランドを旅して描いた山河の風景やウィスキー蒸溜所をモチーフにした水彩画、そして弊社ニッカウヰスキー葛{城峡蒸溜所の風景や広瀬川沿いの自然や町並みを描いた四季折々の水彩画などを展示していただきます。ウィスキーを育てる自然を今もなお大切にしているスコットランドのディスティラリーと宮城峡蒸溜所、両方を比較して鑑賞するのもお楽しみです。またご希望の方には、展示作品、ならびに一部複製画(ジークレー版画)の販売もお申し受け致します。
furuyama.jpg

村山耕二氏は、当ホール内の原酒コーナーにおいて、当宮城峡蒸溜所を囲みながら流れる広瀬川の砂を素材にして融かしつくられた「仙台ガラス」の作品も含めて、今回はウィスキーグラス類を中心に展示していただき、併せて仙台の新たなプロダクト「仙台ガラス・プロジェクト」のコレクションを特別販売致します。美しいガラスの風合いは、同じく蒸溜所を囲みながら流れる新川川の清冽な水で仕込んだ、琥珀色の宮城峡蒸溜所のモルトの味わいを、更に増幅させてくれることでしょう。ぜひ実際にお手にとって、仙台ガラスの煌めきをご覧ください。
murayama.jpg



posted by 古山拓 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。