2012年09月26日

個展・古山拓水彩紀行「インドへの旅・祈りの風景」

koten_annai_cafe001.jpg

「カフェ」ナグプール近郊・30p×22p


2012年のはじめ、インドに旅しました。
仏教発祥の地への巡礼旅へいざなわれ降り立った乾いた大地は、
祈りの風景へとつながっていました。

日本人僧侶一行に招かれ、伝説のインド仏教最高指導者佐々井上人と行動を共にした旅でした。
ブッダガヤ、アーグラー、聖なる川ガンジス、 デカン高原、 そして、 外国人旅行者では初の入域を認められたチャンバル渓谷。
インドの聖地風景を中心に、私がいままで旅したヨーロッパ、そして東北に感じた「祈りのある風景」を展示いたします。

会期中はほぼ全日会場入りしておりますので、ぜひお立ち寄りください。

会場 藤崎本館6階美術工芸サロン
仙台市青葉区一番町3-2-17
会期 10/11〜17(最終日は午後4時半終了)

togenkyo.jpg
「桃源郷−王の記憶」アーグラー・53p×45p

ガンジスのほとり.jpg
「ガンジスのほとり」バナーラス・33p×24p


posted by 古山拓 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

山形個展のご案内

古山拓水彩画展「遥かな空へ」
会期:平成24年8月29日(水)〜9月3日(月)
(最終日は午後4時にて閉場)
会場:大沼山形本店 7階ギャラリー
山形市七日町一丁目2-30 電話023-622-7111(代表)

山形市で初めての個展を開きます。会場は七日町の大沼デパートです。仙台から一時間ほどで着く山形ですが、奥羽山脈をはさんでまったく異なる景色が広がっています。
山形風景を中心とした東北の風景、ヨーロッパ風景の展示いたします。会場でお待ちしておりますので、ぜひ足をお運びください。
(会場には毎日詰める予定です)

oonumakotenDM_egaramen72.jpg
posted by 古山拓 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

古山拓水彩画展「東北とケルティックランド」

このたび10年ぶりに東京で個展を開催する運びとなりました。
今回の個展は「東北とケルトの地」と冠しました。
ケルト文化の色が残る地は、アイルランド、英国のスコットランド、コーンウォール、フランスブルターニュといったユーラシアの縁の部分に当たります。
東北に生まれ育った私が、なぜか惹かれてやまない地がそんな「ケルトの地=ケルティクランド」です。
その理由は抑圧された歴史的背景、自然景観の類似性、暮らす人々の朴訥とした気質など、深い共通性を感じるからだと感じています。
3.11以降、私の中で、ふるさと東北とケルトの地は「安らぎの地」のみならず「不屈の地」として同軸になりました。
ユーラシアの東西のはずれにありながらも、私の中で一つに重なる「東北とケルト」。水彩で描いた西と東の大地風景を、どうかご高覧下さい。

会期 5/28(月)〜6/3(日)
午前11時〜午後7時 最終日午後4時半閉場
会場 ギャラリー喜久田
東京都中央区銀座6-5-12 アートマスターズビル1F
Tel 03-3574-7707
※入場無料

furuyama23_egaramen.jpg

furuyama23_atenamen.jpg


posted by 古山拓 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。